デュラエースグリスの全てを超えた性能!ハブグリスで回転アップします!

076 - コピー - コピー

高性能ハブグリス『モチュールテックグリス』をご紹介します。

『モチュールテックグリス』は「デュラエースグリス」より高性能なのはもちろん、
デュラエースグリスを超えた高性能グリス「ピンクグリス」よりも更に優れた
グリスです。

効果をご覧いただける【動画】もページ内にありますよ。

スポンサードリンク

「モチュールテックグリス」の特長

高回転!回転が伸びる!

「モチュールテックグリス」を自転車のホイールハブに使用すると、
ホイールの回転が軽く、よく回るようになります。

特に、リアのフリーハブに使うのが効果的で、ペダリングの脚を止めた後の
空転時間が伸びます。

 

効果が体感できるレベル

ハブを分解してグリスを打ち直すのは面倒な作業ですから、
どうせやるならハブの回転が良くならないと意味がありませんよね。

「モチュールテックグリス」を使えばハブの回転は確実に向上します。
使用した人のほとんどがハブの回転向上の効果を感じています。

 

高耐久!メンテナンスサイクルが長い

ハブの回転性能を維持するためには、定期的なメンテナンスが必要です。

頻繁にメンテナンスする必要があると面倒で負担になりますが、
よく回る高性能なグリスほど耐久性が短い傾向があるのも事実。

ところが「モチュールテックグリス」なら大丈夫。

モチュールがモータースポーツの世界で培った経験をもって作られた
ベアリンググリスなので耐久性はかなり高く、デュラエースグリスよりも
長持ちし、より高性能なピンクグリスと同程度の耐久性があります。

要するに、ベストパフォーマンスを発揮できる時間が長いということです。

 

動画で効果を見比べてください

以下の2つの動画は、「ピンクグリス」「モチュールテックグリス」それぞれの
ホイールの回転時間の差を示した動画です。 効果を解りやすくするため、
フリーハブの空転時間で比較しています。

ピンクグリス

モチュールテックグリス

回転性能の差は1.75倍

・ピンクグリス…約73秒

・モチュールテックグリス…約128秒

どちらも高性能グリスですが、2つの回転性能には圧倒的な差がありました。

動画では効果を解りやすくするため、フリーハブの空転時間によってその差を
示しましたが、これは実際の走行時にはペダリングの脚を止めた時の回転の
伸びとして実感できます。

また、たっぷりのグリスが必要な「カップ&コーン式のハブ」に使用するのも
効果的で、同じく回転の軽さや伸びが感じられます。

その他特長・使い方

性能が安定していて使いやすい

高性能なグリスの中には、「塗布直後は本来の性能が発揮できず、しばらく使用していわゆる“ならし”が終わるまでは、使用前よりむしろ回転が重たくなる」というものがあります。

ピンクグリスもまさにそうで、塗布直後の回転の重さは大きな問題点でした。

ところが「モチュールテックグリス」は違います。

「モチュールテックグリス」は塗布直後から高い回転性能を発揮し、また走行を重ねて“ならし”が終われば、さらに回転が良くなります。

また、グリスは塗布する分量が適切でないと性能が発揮できないことがあり、
うっかり塗りすぎると回転性能が落ちることがあります。これはグリスの
デリケートな部分で、特に初心者には判断が難しい部分だと思います。

しかし「モチュールテックグリス」は、たくさん塗っても回転性能が
大きく落ちることがなく、使用の際に神経質になる必要はありません。

難しく考えず、普通に塗布するだけで、誰でもかんたんに上の動画の様な結果が
得られます。

要するに「モチュールテックグリス」は、
「効果が出るまでが早く、回転性能が安定している」ということです。

デュラエースグリス、ピンクグリスと比べて、全ての面で性能は
上だと言えるでしょう。

塗付前には洗浄しましょう

ハブグリスを入れ直す時は必ず「洗浄」して、古いグリスをしっかりと落としてから新しいグリスを入れましょう。

ハブの洗浄には「モチュールチェーンクリーン」が洗浄力が強くてお勧めです。

 

アメリカンクラッシックのハブを使っている方へ

軽さと回転の良さで定評のある「アメリカンクラシック」のハブにモチュールテックグリスを使用すると、さらに回転性能が上がります。

アメリカンクラシックのハブで最大限の効果を得るには、グリスの塗り方にちょっとしたコツがありますよ。

arrow_orange[1]アメリカンクラシックのハブのグリス塗布方法はこちら

 

お客様から評価頂きました!

teku1


teku2 

 

50gの少量から購入できます

メーカーによると「モチュールテックグリス」は開封後、約5年で劣化します。

モチュールテックグリスは通常「1本200g入り」で販売されていますが、
一般ユーザーが自転車に使用する場合、5年で200gも使えるか?というと、
ほとんどの方が使い切れないと思います。

そのため、使い切れる少量容器に小分けして「1本50g入り」もご用意しました。
これなら、劣化する前に使い切れて、購入価格も抑えられます。

分量/価格は
・200g入り…3360円
・50g入り…1200円

分量:価格の比率では若干割高となりますが、使い切れずに傷んで捨ててしまう
程の量を購入されるよりは、ちょうどいい量でその分お安く手に入るほうが
良いと思います。

もちろん、200g以上使う人なら「200g入り」の方が割安ですよ。
使用される分量に合ったほうをお選びください。

 

モチュールテックグリス 50g入り!

ヤフーショッピング アマゾン
 
MOTUL Tech Grease(モチュール テックグリス) 300 50g入

5年で200g使い切るならこちらから

ヤフーショッピング アマゾン
 
MOTUL Tech Grease(モチュール テックグリス) 300 200g入




関連記事

  • デュラチェーンでスピードアップ!軽費用カスタム チェーン交換
  • ワコーズメンテルーブより高性能!自転車のシフトも軽くなります!
  • デュラエースグリスより回るハブグリス ピンクグリスの性能とは
  • シュワルベ デュラノ 最もバランスのいいミニベロタイヤの4つの特徴
  • パナレーサー ミニッツライト 超高圧タイヤの転がりの3つの特徴とは
  • これが新チェーンリング!Q-RINGS!その速さの秘密とは
  • ミニベロMR-4Rタイヤで性能UP!24インチのカスタムタイヤとは?
  • ミニベロにデュラエースBB交換!回転UP?効果はあるのか?
  • ワコーズチェーンクリーナーを超える圧倒的洗浄力を動画で紹介
  • ミニベロのカスタム!高回転ハブに交換 スピードアップ最短距離です!
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ