アメリカンクラシックのグリス塗布方法|たった1つのコツで回転が違う!

IMG_3489

数あるハブの中でもアメリカンクラシックは非常に特殊なハブで
グリスの塗布方法にもコツあるので、その方法を書いていきますね。

スポンサードリンク

IMG_34861 - コピー

まずはプレートなどを全部取ります。ついでに洗浄してやると
気持ちよくグリス交換できますよ。

個人的にはチェーンクリーンがよく汚れが落ちてオススメです。

このヘコミにグリスを溜めておくように作られているんですね。
という事で…

IMG_3487

上の写真の様にしっかりとグリスを塗り塗りしましょう。

IMG_3488 (1)

塗り終えたらプレートをはめ込みましょう。

IMG_3489

プレートをはめたら、後はグリスを伸ばしてやったら大丈夫です。

この塗り方をするだけで回転もより軽く、長い間持ちますよ。

テックグリスはヤフーとアマゾンから販売しています

ヤフーショッピング アマゾン
MOTUL Tech Grease(モチュール テックグリス) 300 50g入
MOTUL Tech Grease(モチュール テックグリス) 300 50g入




関連記事

  • デュラエースグリスの全てを超えた性能!ハブグリスで回転アップします!
  • デュラエースよりよく回るハブグリス「ピンクグリス」の誕生秘話とは
  • 夜のツーリングはテールライトが無いと危険!明るい点滅動画付きで紹介
  • シールドベアリングのグリスカスタムに意味はあるのか?検証結果は?
  • セラミックボールベアリングに交換すると本当にスピードアップするの?
  • アメリカンクラシックのハブの特徴|他のハブと比較してメリットとは
  • 自転車用ナビはポタナビ使ってます!ツーリングで迷子になるあなたに
  • SPD-SLペダル交換!デュラエースのメリットは?105、アルテグラと徹底比較!
  • オススメサドルバック!工具やチューブも楽に入る!大容量をお探しなら!
  • チェーン交換には必要!おすすめ!2種類のチェーンカッターの違いとは
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ