ミニベロ BD-1に実際に試乗した自転車のインプレッション

050

BD-1ってどんな自転車?

折り畳み自転車の中では、ブロンプトンかBD-1か?
と言われているくらい、スポーツ系の折り畳み自転車では
2強体制となっている自転車です。

ブロンプトンがより利便性を高めているタイプに対して
BD-1はよりスポーツ性を高めているタイプとなっています。

折り畳み自転車なのに速い!というのがウリの自転車です

スポンサードリンク

BD-1に実際に試乗してみて感じた事

試乗車のBD-1に乗ってみて思ったのは、

『折り畳み自転車なのに、しっかりとした剛性を持ったフレーム』

という事です。この剛性感は、MR-4Rより上です。
これだけコンパクトな車体なのに、スピードを出して恐怖感をあまり
抱かない、という事はすごい事と思います。

 

18インチの折り畳み自転車とは思えない走行性能!

又、ブロンプトンと比べ、前傾姿勢で乗れる様なポジショニングと
なっており、18インチのタイヤとは思えないくらい、
軽快にスピードを出す事が出来ます。

車体が小さいから、と思うんですがややハンドルがクイックで
あまり安定感はありません。

個人的にはこのくらいクセがあった方が好きですけどね。

コンパクトに折り畳める!

折り畳みも、ブロンプトンやキャリーミーには及ばないものの、
他の通常の折り畳み自転車と比べて、コンパクトに折りたたむ事が出来ます。

これで輪行も楽々、ですね。
車重も10キロちょっと、と折り畳み自転車としてはかなり軽い方なので、
輪行にも使いやすく、走行時もキビキビと走ってくれるので、

『スポーティーにミニベロに乗りたい』

『でも、楽に、小さく折りたたんで輪講したい』


との事なら、そんなあなたにピッタリの折り畳みミニベロと
なるのではないでしょうか。

 

価格は15万円以上と高め

気になる価格、ですが15万円以上の物がほとんど、ですが

『小さく、しかも楽に折りたためて』

『走行性能も高め』



の折り畳みミニベロなので、この値段にも納得です。
コストパフォーマンスはいい方だと思いますよ。

 

BD-1の問題点とは

走行性能はミニベロ全体でみると『中の上』くらい

折り畳みと、走行性能を両立した素晴らしいミニベロなんですが、
どちらも『最高!』ではなく、中途半端な所が欠点です。

走行性能でいえば、折り畳み機構の無いミニベロ

・コメットR(現在はHERION R)
・ブルーノ ロード20
・凪(ナギ)


等、折り畳みではない1本フレームのミニベロには
走行性能には及びませんし、

同じ折り畳みミニベロでも、BD-1よりタイヤのインチサイズが
大きなスポーツタイプの折り畳みミニベロ、

・MR-4R
・タルタルーガ
・ポケットロケット


等と比べると走行性能は低めです。

ミニベロ全体で見ると『中の上』くらいの走行性能では
ないでしょうか。

 

折り畳み易さ・大きさも『最高』という訳でもない

折り畳み時の簡単さ、使い勝手・折畳じの大きさも、
折り畳みし易さに特化したミニベロ、

・ブロンプトン
・キャリーミー


には適いません。

 

一番『ミニベロ』らしいミニベロ

という事で、走行性能も中途半端・折畳性能も中途半端、というBD-1ですが、
ミニベロという自転車が、

・ロードバイクと比べると、走行性能ではとても敵わない

・ママチャリ等と比べると値段も高く実用性に欠ける


なので、『ミニベロ』というカテゴリーの存在自体が中途半端、とも
言えます。

でも、そんな中途半端な所、かわいい外見の『ミニベロの魅力』
に私は惚れ込みました。
きっとあなたも私と同じ気持ちではないでしょうか。

そんな『ミニベロ』というジャンルの自転車の事を考えると、
最も、ミニベロしている、という自転車が

『BD-1』

ではないでしょうか。
私はBD-1を保有していませんが、こういうコンセプトのミニベロ、
大好きですし、乗っている人をみると、『いいな』と思いますよ。

 

BD-1を選ぶとするなら

・18インチのタイヤサイズなのに高い走行性能を持つ所が気に入った!

・BD-1という自転車のフォルム等に一目ぼれした!

・スムーズに走るより、キビキビとクイックなはんどリングを楽しみたい

という事なら、BD-1はカスタムパーツも豊富にありますし、
独特のカワイイフォルムと相まって、購入しても
満足できる一台になると思いますよ。




関連記事

関連記事はありません

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ