アメリカンクラシックのハブは整備しやすい!交換部品の紹介!

224

アメリカンクラシックって壊れやすいという
イメージは無いでしょうか?

私もハブを購入の際は他のサイト等を見て
「壊れやすい」という評判を受けてそう思っていました。
ですが、実際は違ったのです!

スポンサードリンク

アメリカンクラシックを実際に使用・分解してみて

アメリカンクラシックのハブに限らず
ハブの構造は思っていたより簡単です。

ハブの基本的な構造とは

ハブの構造を大きく分けると

■フロントハブ
・外装
・ベアリング

■リアハブ
・外装
・ベアリング
・カセット部

になります。

外装部とは

スポークを通すハブの外側の部分になります。
大きな接触事故でもおきない限り、この部分は壊れる事はないでしょう。

ベアリング部

アメリカンクラシックの場合

・フロントハブに2箇所
・リアハブには4箇所

ベアリングがついています。
カップ&コーンのハブと較べて簡易的な構造で
回転も良いのですが、ゴミが入りやすいのが難点です。

カセット部

リアハブの部のみにあるホイールの空転・駆動機能を持つ
部分です。ハブの故障=カセット部の故障といっても
差し支えないと思います。

ハブ自体はベアリングと爪とカセットで構成されており、
アメリカンクラシック等のベアリングを使用している高性能のハブは
「構造が単純な為壊れにくい!」
です。

アメリカンクラシックはどこが壊れやすいのか?

アメリカンクラシックが他のハブより壊れやすいとすれば
爪の部分を起動させる為の針金部分ですが、
普通にミニベロをのるくらいではほとんど消耗もしないですので
周りのHPで騒がれいるようにすぐ壊れる様な物ではないと思います。

アメリカンクラシックのハブのメリットとは

さらにアメリカンクラシックには大きなメリットがあります。
そのメリットとは…

交換する部品が個別に売っている!

という事です。
ハブが壊れるとすれば、ほとんどが
ベアリングかカセット部ですが、
アメリカン・クラシックはベアリング、カセット共に
個別に販売されており、個人でも壊れたベアリングを交換する事が
出来ます。

ベアリングを交換するにはベアリングプーラーが必要ですが…。
arrow_orange[1]ベアリングプーラーについてはこちらのページヘ

なので、アメリカンクラシックは弱いとされているハブのカセット部も
9000円程で販売されていますし、ベアリングも調子が悪くなればすぐ交換できるので
もし壊した時も安心ですよ。

アメリカンクラシックのハブの交換用部品一覧です!

 

フロント(前輪)のベアリング

楽天 アマゾン ヤフー
american classic 688 ステンレスベアリングキット ロード用フロントハブ用(ホイール補修用ベアリングキット) アメリカンクラシック アメリ (取り寄せ商品)
american classic 688 ステンレスベアリングキット ロード用フロントハブ用(ホイール補修用ベアリングキット) アメリカンクラシック アメリ (取り寄せ商品)
(価格1,980円税込み、送料別)

リア(後輪)のベアリング

楽天 アマゾン ヤフー
american classic 6803 C3 ステンレスベアリングキット MTB/ロード用リアハブ用(ホイール補修用ベアリングキット) アメリカンクラシック ア (取り寄せ商品)
american classic 6803 C3 ステンレスベアリングキット MTB/ロード用リアハブ用(ホイール補修用ベアリングキット) アメリカンクラシック ア (取り寄せ商品)
通常販売価格:1,980円(税込)

アメリカンクラシックのカセット部

楽天 アマゾン ヤフー
【取り寄せ商品】 american classic 17mm Cassette Body ...

【取り寄せ商品】 american classic 17mm Cassette Body …
価格:8,500円(税5%込、送料別)

american classic 17mm Cassette Body ロード/MTB兼用 (ホイール補修用フリーボディ) アメリカンクラシック 17mm カセットボディ アメリカ (取り寄せ商品)
american classic 17mm Cassette Body ロード/MTB兼用 (ホイール補修用フリーボディ) アメリカンクラシック 17mm カセットボディ アメリカ (取り寄せ商品)
通常販売価格:8,500円(税込)




関連記事

  • ハブ交換でこれだけ違う!アメリカンクラシックのハブ回転動画公開!
  • ハブの回転の違い アメリカンクラシック ピンクグリス塗付前と塗付後の違いとは
  • ミニベロのハブからベアリングを自分で抜き差しする方法…お買い得な工具も紹介!
  • アメリカンクラシックでハブカスタム!ミニベロでロードを超えろ!
  • シールドベアリングにもメンテナンスは必要!理由と分解方法も紹介!
  • ミニベロのハブはアメリカンクラシックが一番!高回転の構造の仕組みとは?
  • セラミックベアリング交換!勘違いと途中経過の発表です!
  • ミニベロのタイヤ交換スピードアップ!費用対効果抜群!カスタム法とは
  • デュラエースよりよく回るハブグリス「ピンクグリス」の誕生秘話とは
  • ミニベロMR-4Rタイヤで性能UP!24インチのカスタムタイヤとは?
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ