ミニベロのハブからベアリングを自分で抜き差しする方法…お買い得な工具も紹介!

IMG_0750

ミニベロのハブに入っているシールドベアリングを交換したり、
ベアリングにグリスを注入する際に、
ハブからベアリングを抜かないといけないですよね?

今回は、私と岡本が愛用しまくっているハブ、
「アメリカンクラシック」
のハブからベアリングを抜き刺しする方法を紹介しますね。

スポンサードリンク

ハブからベアリングを抜いたり差したりするには、
「ベアリングプラー」
と呼ばれる専用の工具必要です。

なぜ、専用工具が必要なのか?

ベアリングを抜くのは、スライディングハンマーやハンマーで叩いて抜く人事も出来ます。が、ハンマーやスライディングハンマーはバイクや自動車のベアリングを抜くのに使われる用に作られており、自転車のパーツ用に作られていないです。

自転車のベアリングやハブはバイクや車と比べると繊細に作られているので、ハンマーなど、衝撃をかけてベアリング抜くと、ベアリングやハブが破損する可能性が高いいんですね。

ベアリングプラーを使用すると、ネジ式でゆっくりとベアリングを抜くので、
ハブにも、ベアリングにも優しく、破損する事がないので、
ベアリングプラーを使用しています。

140812-154927_R

私や岡本が探した所、この工具が一番安かったです、
といっても1万円近くしますが><

ハブからのベアリングの外し方

IMG_0758

上の写真のように、ベアリングプーラーをセットして、
あとは、スパナなどで、上のナット部分を回していけば、
取れてくれますよ^^

ハブからベアリングの取り付け方

外す時はベアリングプーラーが使えるのですが、
はめる時は、そのままだと、ベアリングツーラーが
使えません…

そのままだと、別の工具がないと出来ない、と思っていましたが、
色々試行錯誤した結果、上記のベアリングプーラーのみで
出来る方法があったので、紹介していきますね。

カセット部のベアリング取り付け方法

140812-172233_R

まずは、15mmのチャックを上記の写真の様に、ベアリング部に
乗せます。なんと、15mmのチャックが写真の見ても分かるように
アメリカンっクラシックのベアリングにジャストフィット
しちゃうんです。

140812-173911_R

次はプーラー本体の中心部分を抜いて、反対側からいれて、
15mmのチャックとくっつけます。

あとは、プーラー側のナットを締めていくと、ベアリングを圧入する
事が出来ますよ。
反対側も同じ要領ですれば大丈夫です。

ハブ部のベアリングの取り付け方

140812-175413_R

ベアリングプーラーの本体を上の写真の様にして…

140812-175438_R

反対側に15mmのチャックを使うと、ギリギリネジが届いて、
本体側のネジを閉め込むとベアリングを圧入する事が出来ます。
反対側も同じ要領で圧入出来ますよ。

アメリカンクラシックのハブに関しては、上記のベアリングプーラー一つあれば
ベアリングの取り外し、圧入共に出来ますよ。

自転車屋さんに頼んだ方が楽なのでは?

これだけ効果な工具を買い、さらに面倒な事をするくらいなら、
自転車屋さんに頼んだ方が楽なのでは?
とお思いと思います。
ところが、実際はそうでもないんです…。
私は元々すごく面倒くさがりで、みんなショップに任せたい、
と、今でも思っています。

カスタムが出来て、気持ちよく頼める自転車屋さんがない!

ミニベロのハブ部分のベアリングを外して、付け直しして、
という事が出来る自転車屋さん自体が、大阪には非常に少ないです。
まず、大型ショップはダメ、で個人店がメインになってしまいます。

個人店で、これだけの事が出来るショップだと、
ほぼ、ロードバイク専門店となり、ミニベロを持ってくると、
あまりいい顔はしない事が多い、というのが私の正直な
感想です。

ベアリングの入れ替えだけならまだしも、シールドベアリングの
シールをはがして、グリスを入れなおす、なんてしてくれるショップは
ない!といっていいでしょう。

大都市といってもいい大阪でもこれだけショップ選びに四苦八苦する、
という事は、大阪以外のエリアだと、さらに四苦八苦すると思われます。

いい、いきつけの自転車屋さんがあるのなら…

あなたが、ベアリングの脱着も丁寧にしてくれて、こちらがお願いしたら
快くしてくれる自転車屋さんをお持ちなら…
ショップに任せてしまいましょう!それと、その自転車屋さんを
大事にしましょう。本当にそんなショップは貴重ですから…。

おそらく、ほとんどの人は、いいショップを見つけて施行してもらう、
より自分でやってしまった方が早い!!と思います…。
悲しい現実ですが。今後、もっとミニベロ専門店が増えて、
自転車屋さんでも安心してまかせられる状況になる事を切に願っています。

マニアックなカスタムが好きなら、自分でやるのが一番です!

結局、マニアックなカスタムを今後もするなら、
基本的に「自分でするしかない!」という結論に私は
いきついてしまいました…。

なんで、あなたも、今後もつっこんでカスタムしていきたい!
とお思いなら、この機会に工具を買って、
自分でしてみたらいいですよ。

今回使った工具はこちら!

楽天 アマゾン ヤフー
パイロットベアリングプーラーセット 8~25(mm) STRAIGHT/19-603 (STRAIGHT/ストレート)
パイロットベアリングプーラーセット 8~25(mm) STRAIGHT/19-603 (STRAIGHT/ストレート)
価格9980円(税込送料込)




関連記事

  • シールドベアリングにもメンテナンスは必要!理由と分解方法も紹介!
  • シールドベアリングのカスタムに!簡単にシールが剥がれる秘密とは
  • EVO.BOOSTをハブとベアリングに入れ替えた際の検証結果一覧です
  • デュラエースグリスの全てを超えた性能!ハブグリスで回転アップします!
  • ミニベロMR4Rカスタム!ハブ交換です!本当に性能は上がるのか?
  • ミニベロのカスタム!高回転ハブに交換 スピードアップ最短距離です!
  • アメリカンクラシックでハブカスタム!ミニベロでロードを超えろ!
  • デュラエースよりよく回るハブグリス「ピンクグリス」の誕生秘話とは
  • ディープリムの効果とは ミニベロカスタムの為の指針
  • 11月16日 ミニベロ ブルーノ ロード20で和歌山ツーリング
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ