ミニベロの種類 折り畳み自転車の特徴とは

P8042070

ミニベロの折り畳み自転車の特徴です。

折り畳み自転車の場合、折りたたんだ時の携帯性の問題から、
ほとんどの場合、

スポンサードリンク


折り畳み自転車=ミニベロ

となります。

arrow_orange[1]ミニベロの基準についてはこちらから

では、ミニベロの中での折り畳み自転車のメリット・デメリット
を書いていきます。

メリットその1 折り畳める

折り畳み、というからには当然ながら
折り畳む事が出来ます。折り畳み方は自転車によって、
全然違いますが、かなり小さく折り畳める自転車もあり、
私の乗っているキャリーミーの場合、こんな感じになります。

P8042070

折り畳み前

P2171670_thumb

折り畳み後

キャリーミーのように、折りたたむと、補助輪が付いている物も
あり、それらの折り畳み自転車は持ちあげなくても転がせて、
とても便利です。

折り畳むと、普通に自動車のトランクや電車での輪行も容易と
なるので、自転車ライフの幅広がる、というのが
折り畳み自転車の最大のメリットです。

しかし、折りたたむ、という機構を搭載する為、犠牲になる
所もあるのです。

デメリットその1 車重が重くなる

どうしても、折り畳み機構が付くため、同程度の自転車と
比べると、車重が重くなります。車重が重くなると、
漕ぎ出しが重くなる、坂でしんどくなる、といい事
なし、です。
折り畳み自転車は小さくなるから、ぱっと見、
軽く持てるような印象はありますが、実は普通の自転車より
重たかったりするので、その点は注意しましょう。

デメリットその2 強度が落ちる

これも、自転車のフレームのどこかを曲げないと
折り畳めないので、その部分がどうしても強度不足、
となります。
折り畳みでない自転車の方が強度は確実に強いです。

ミニベロの折り畳み自転車はこの様な特徴を持っているので
これらの特徴を知った上で、ご購入などを検討してくれたら、
と思っています。




関連記事

  • 8月28日折り畳みミニベロMR-4RにQ-Rings導入!
  • ミニベロっていったいどんな自転車?
  • 10月22日 ブルーノ ミニベロロード20フルカスタム決定!
  • 11月12日ミニベロ ブルーノフルカスタム車 初ポタリング
  • 12月31日 ミニベロポタリングIN寝屋川
  • 9月23日交野方面にミニベロMR-4Rでポタリング
  • 1月27日 ミニベロ ブルーノロード20で伊良湖岬まで行って来ました!その後編
  • 2月21日 ブルーノミニベロロード20で久しぶりの清滝峠ポタリング
  • たけとがミニベロという自転車にはまるまでの道 その1
  • ハブの回転の違い アメリカンクラシック ピンクグリス塗付前と塗付後の違いとは
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ