ミニベロのペダリングはケイデンスが大事!最適な回転数の目安とは

019 - コピー

ミニベロで 走っていて、 とても気に しないと いけない事…
それは ペダリング!

特に 今まで ママチャリ等に しか乗った事がなく、 ミニベロが
最初の スポーツバイクだった場合は 色んな勘違い があるので
しっかり 覚えておきましょう。

スポンサードリンク

ケイデンスとは

ケイデンスとは 自転車のクランクが 1分あたり何回転 するか?
の指標です。 例を挙げると、 ケイデンス60、と書くと、
1分間に クランクを60回転させる、 という事です。

ケイデンスの測り方

専用の速度計で測ります。
速度とケイデンスを測る目的なら、
大半のスポーツバイクに使われている、
キャットアイに決まりです。

arrow_orange[1]速度・ケイデンス計の定番、キャットアイについて詳しくはこちらへ

スポーツタイプの自転車はどのくらいの回転でツーリングするのか?

だいたい、ツーリングでは70~80ケイデンスが一般的です。
ついでに、私は普段平地で流す時は70ケイデンスくらいが多いです。

実際の70ケイデンスってどのくらい回転しているの?

だいたい上記くらいでクランクを回します。
結構速い、でしょ?
ママチャリでは思いっきり速く足を回しているような感じに
思うのではないでしょうか?
私もスポーツ系自転車に乗るまでそう思っていました。

何故、こんなに速くペダルを回転させるのか?

普通のママチャリが時速約15キロ、
対して、ドロップハンドルのついているミニベロについては
時速30キロを超える事も珍しくありません。

これだけのスピードで自転車を漕いでいると、少しの坂や
風でも大きな影響を受けます。
それで、このくらいのスピードの時に低い回転数だとどうなるか?

少しの坂や風で、ものすごくペダルを踏むのが重くなったりします。
そうなると、同じスピードを維持しようとすると、
より強くペダルを踏む必要があり、そうなると膝などに負担がかかって
痛めたり、またそこまでならなくても、漕ぐ重さがコロコロ変わるので
体力、筋力の消耗が激しくなります。

だから、低いギアで、たくさん回してやるのです。

重たいギアで低い回転で回すと速い!の間違い

最初は慣れないですが、練習しましょう!
最初は軽いギアで多く回してる状態で漕いでいると、
「遅くなってる…」と思ってしまいがち、ですが、決して
そんな事はありません。

速度計、ケイデンス計で測れば一目瞭然なのですが、
それをした事が無い初めてスポーツバイクを乗る人にとって

多段ギア=重いギアを踏んで速く走る為に多段ギアがある

と大きな勘違いをしている事が大半です。
(私の経験からいくと3人見てきて100%です)

多段ギアの本当の意味は、坂道になっても、
向かい風が吹いても、同じケイデンス(回転数)
で無理なく回し続ける事が出来るようにあるのが
最大の目的です。

ただ、スピードを上げたいだけ、なら5~6段もギアがあれば
十分で、10段も20段もスポーツバイクにギアがあるのは
その様な理由から、なんです。

重たいギアを一生懸命に踏んだら、速く進んでいる!

と思いたくなる気持ちも分かりますが、
大抵、遅いですし、体力の消耗も激しく、いい事は一つも
ありません。

速度計、ケイデンス計をつけるお金までない、
また、速度計などをつけるのはダサイ!

との事から、速度計、ケイデンス計を付けない場合でも、
上の動画を見て、どのくらいクランクを回したら、
どのくらいのケイデンスになるかしっかりイメージ
しておきましょう。

そうするだけでも、全然、ちがいますよ^^




関連記事

  • ミニベロのポジショニングは合わせよう!ドロップハンドルの調整法とは
  • ミニベロのポジション こんなに違う!サドルの調整 3種類の角度とは
  • ビンディングペダルでスピードアップ!最速ミニベロに必須!
  • 4月9日 つるさんのロードバイクとミニベロで奥琵琶湖までツーリング その6
  • ミニベロロード20とTREK(トレック) Madone 3.1と淡路島半周ツーリング 後篇
  • 2月9日 淀川ツーリングいってきました!
  • ディープリムの効果とは ミニベロカスタムの為の指針
  • 11月16日 ミニベロ ブルーノ ロード20で和歌山ツーリング
  • 9月28日ミニベロMR-4Rで清滝峠と鶴見緑地へポタリング
  • メンテナンスで自転車の性能が変わる!その重要性とは
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ