ミニベロのタイヤカスタム!ロードバイク並のアルトレモの性能とは

2352

ブルーノロード20の前置きです

ブルーノロード20をフルカスタムしました。今もちょこちょこは
いじっています。そして、カスタム後のそれぞれの部品の
インプレッションをしていきますね。

今回は、タイヤ交換交換です。

スポンサードリンク

タイヤ交換をしたきっかけとは

ブルーノロード20、フルカスタムした時に、
「いいミニベロのタイヤ、出たんですよ…。」
高価ですが、いいですよ。

とお勧めされていたタイヤがありましたが、
最初から最高のタイヤを入れたら、どのくらいいいか
分からないから、という理由で、
あえて、一つ下のグレードのタイヤ、
シュワルベのデュラノを入れていました。

しばらく特に不満もなく使っていたんですが、
仕事のストレス?から無償に自転車をなにかカスタムしたくなって
タイヤも大して減っていないのに、替えてみる事に…

入れたタイヤは…シュワルベ アルトレモ!
なので、淡路島にツーリングに行く前だったので、
その事もあって、その高性能タイヤ、履かせる事にしました!

その名は…

「シュアルベ アルトレモ!」

で、早速入れてみると、なかなかレーシーな感じがして、
カッコイイではないですか…

2080 - コピー

正直、もうそこそこのタイヤには替えていますし、
走行性能が変わる事は変わるんでしょうが、
そんなに大きく変わる事はないだろう…
と思っていました。淡路島に行くまでは…

衝撃のアルトレモのインプレッション!

2359

こうして、アルトレモを履いて、淡路島を一周…

このロングツーリングで、いやというほど、
このタイヤのポテンシャルを見せつけられるのでした。

恐ろしい程の巡航性能!!

とにかく、恐ろしいくらい転がります、今まで履いていたシュワルベの
デュラノが、もはや「うんこ」にしか感じられません…。
(決してデュラノが悪いタイヤではないのですが…)

アルトレモは、ロードのプロ仕様のタイヤでそれが451用に、
リファインされて投入されたタイヤなんですが、

プロは、こんなセコイタイヤを使っていたのか!!

と変な嫉妬を覚える程の転がりです。

しつこく書きますが、この性能アップは、ハブを替えるより、
BBを替えるより、チェーンリングを替えるより…

圧倒的な性能アップです!!

はっきりいって、ミニベロからロードバイクに替えたくらい、
といっても過言ではないくらいの転がりの違いです。

もはや、ミニベロでのロングツーリング、レースでは、
このタイヤを使わない、という事は、もはや
それだけで「おおきなハンデ」を背負ってしまう!

ぐらいです!

さらに圧倒的なグリップ力!!

さらに、怖い事に、これだけ転がる上に、すごくグリップする
タイヤです。だいたい、

タイヤは転がる=グリップは落ちる

と思っていましたが、このタイヤは今までの私の常識を簡単に塗り替え
させてしまいました。

これだけ転がるタイヤなのに、しっかりとグリップしてくれます。
大雨では走行していませんが、小雨のちょっと路面がぬれたぐらいまではきっちりとグリップしてくれましたよ。

さらにさらに、カーブでのグリップまで…

さらに、このタイヤは他のタイヤと比べて、本当にまん丸な断面で、
カーブでもしっかりとグリップしてくれます。
曲がりながら、ペダリング出来てしまうくらい安定感ばっちりです。

ただ、限界が恐ろしく高いですが、限界点を超えると、一気にスリップ
すると思われるので、タイヤの性能を過信して、攻めまくるのは
やめた方がいいと思います。

まだあります!乗り心地までいいんです、コレが…

もう、ここまで褒めちぎると、自分でも嘘くさくなってくるんですが、
事実ですから、仕方ありません…。

アルトレモは最大11気圧まで入る、超高圧タイヤなのですが、
実用ではだいたい8~9気圧です。
でも、普通の高圧タイヤが6~7気圧なので、それだけ固いタイヤ
なのですが、タイヤが他のタイヤより薄くて軽いから、なんでしょう。
適度にタイヤがしなって、路面の嫌な振動をかなり軽減してくれます。

なので、レース用の転がるタイヤながら、乗り手にも非常にやさしい
タイヤなのです。

欠点はないの?

だいたい、性能の高い部品は、どこかしら、欠点があるものです。

・高回転するけど、耐久力がない
・性能は上がるけど超高価
・転がるけどグリップが悪い

等々…が、悔しいけれど…

このタイヤに欠点らしい欠点は見当たらない!

という結論に達するしか、今の所ありません。

唯一の問題点は?

ただ、欠点があるとしたら、タイヤの薄さからくる耐久力でしょう。
だいたい、普通のタイヤの半分くらい距離で寿命がくるらしいです。

・アルトレモがだいたい1本6000円くらい、
・デュラノがだいたい1本3000円くらい、


タイヤの寿命から考えると、アルトレモ1本で、デュラノが4本分、
となります。

この点からいくと、デュラノと比べて、4倍のコストがかかる訳ですが
他の部品をカスタムした際の値段を考えたら…

すごく安い!

と思います。アルトレモだけ入れた、ほぼノーマルのブルーノに乗る
機会がありましたが、これだけで、十分にロングツーリングに耐えれる
だけの転がりを見せていましたよ。


arrow_orange[1]もっとくわしくアルトレモについて知りたいならこちらのページへ




関連記事

  • シュアルベ アルトレモ インプレッション 衝撃のその性能の4つの理由とは
  • ミニベロのタイヤ交換スピードアップ!費用対効果抜群!カスタム法とは
  • ミニベロ最速カスタム それはタイヤ!費用対効果1番の改造とは
  • 10月22日 ブルーノ ミニベロロード20フルカスタム決定!
  • ミニベロカスタムでチェーンを忘れてない?低費用で効果抜群!
  • ミニベロSTIレバー化!シフトサクサク入る!カスタムの指針
  • ミニベロのクランク交換!剛性アップ!カスタムして効果的な事とは
  • ノーパンクタイヤ加工カスタム リペアムゲムのインプレ・メリット・デメリットとは
  • ミニベロ折り畳み自転車 キャリーミーのノーパンクタイヤカスタム方法とは
  • ミニベロのハブグリス交換で回転力アップ!入れ替えでの効果とは
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ