10月22日 ブルーノ ミニベロロード20フルカスタム決定!

まず、こうなるまでのいきさつを…

私はMR-4Rを持っている訳ですが、最初、自分の脚力に自信が
持てなかったのので、24インチにした経緯があります。

で、その際、私自身としては、ブラックでなくて、もっとカワイイ
感じの、ポップな感じのミニベロが欲しかったんです。

KHSの折り畳みなんかも見当していたんですが、実際に試乗すると、
走行性能がよろしくない…。

で、性能と、折り畳み、という両方の選択肢を選んだらMR-4Rと
なった訳です。

でも、ずっと、もっとカラフルでポップなミニベロが欲しい!
という気持ちは持ち続けていました。

スポンサードリンク

ジャンル的に24インチってミニベロなの?ていう所もあって
(20インチまでがミニベロって雰囲気も…)
意外にも3人の中で私は一番脚力もあったので、(今は、ですが…)
安心?してミニベロを頼めます。

で、青吉さんに乗せてもらったクロモリのブルーノ、とても乗り心地が
よかった訳ですが、これだと、ドロップハンドルでなく、タイヤも
406サイズ、ブレーキもショートアーチはつかない事は分かって
いたので、カスタムすると、すごい値段かかるぞ、と思い、

ジオスのフェルーカを候補にあげていました。
これなら、ソラでありますが、ドロップハンドル、STIレバー
451ホイール、なんで、カスタムにもお金がかからいんで…。

で、2012年モデルが水色があり、それが気に入って、自転車屋さんに
問い合わせると…
それが売り切れ、売り切れ、で結局なし…で、
2013年モデルは水色が無くなって、黒色になっていました。

で、色々みていたら、ブルーノの緑を発見!!結構ポップで
カラフルなカラーだなあ、と思って、実際に店舗に見に行くと、
とってもいい色!

PA220659

一目ぼれしちゃいました!

2012年の限定カラーっていうのも惹かれるポイント
だったり…

なんで、はっきりいって、MR-4Rに替わってメイン自転車にする
つもりなんで、スピードの遅いのにするのは耐えられない…。

という事でフルカスタムする事にしました。

で、結果…

PA220657

残ったのは、正真正銘フレームのみ…

本当のフルチューンです。

主な変更点(って全部ですが…)

・もちろんタイヤは451化
・STIレバーにして、基本的にはコンポは105
・リングはQ-Rings
・カッコも重視したいのと、巡航スピードを少しでもUP
させたい、という事で、ディープリムをいれる。
・ハブはアメリカンクラシック
・チェーンはデュラチェーン
・ハブは一番負荷がかかる所なので、回転重視なら、他のメーカー
なんですが、耐久力重視でデュラをいれる。
・プーリーは唯一2枚ともベアリングが入っているデュラを入れる。
・ブレーキはロングアーチを入れる選択肢もありましたが、
ブレーキの台座を使い切りたいので、Vブレーキで決まり。

駆動系に関しては、ほぼ妥協なし!です。

はっきりいって、最速のブルーノ ロード20が出来るはず…

ついでにディープリムの色は白!

PA220658

ポップな感じをだしたいんで…

多分こんな感じかな??結構かわいい感じになりそう♪

でも、こればっかりは組んでみないとわかりません。
白色のディープリムは外すとえらくカッコ悪くなりそうなんで
ちょっとドキドキです。

では、完成まで、もうしばらく預かってもらう事に…

でも、フレームは持ち帰りました。

なぜなら…ガラスコーティングするから、です。

とりあえず、私がガラスコーティングしている間に、
部品が届くはず、です。完成が楽しみです。




関連記事

  • 8月28日岡本とミニベロポタリングQ-Rings披露会
  • これが新チェーンリング!Q-RINGS!その速さの秘密とは
  • ディープリム装着!ディープリムの効果とは!?9月1日岡本とミニベロポタリング
  • 8月28日折り畳みミニベロMR-4RにQ-Rings導入!
  • ミニベロブルーノミニベロ ロード20試乗!インプレッション!!青吉さんが購入!9月12日に
  • ミニベロMR-4R サンマルコにサドル交換 これでポジション移動がしやすく 9月10日に
  • 9月28日ミニベロMR-4Rで清滝峠と鶴見緑地へポタリング
  • 6月10日に琵琶湖一周!MR-4Rで自転車ツーリング!前篇
  • 8月4日ミニベロ自転車8インチキャリーミー2で花火大会ポタリング
  • 10月2日ポタナビも活躍!ミニベロMR-4Rで淀川沿いからUSJにポタリング
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ