シフトが軽く入ってしまうワイヤーのメンテナンス方法とは

0691

ケーブル・ワイヤー周りの注油をしましょう!

ギア・チェーン程、頻回にしなくてもいいですが、
ワイヤーやケーブル周りも時々はメンテナンスしてやりましょう。

スポンサードリンク

特に雨など濡れた時はしっかりと行わないと、
ワイヤーが錆びて、シフトチェンジがうまくいかなくなってり、
ブレーキの引きが重たくなって効きが悪くなったりしたりするので…

本格的にメンテナンスするなら、ワイヤーを外して、ケーブルを抜いて、しっかり全部に注油するのが一番、なのですが、

そこまですると、ケーブルのはめ直し、はずしたワイヤーの調整、組み込み、とかなり面倒な事になるので、

そこまでのメンテナンスは年1回くらいのオーバーホール時くらい
にして、普段はささっと、簡単に済ませてもいいと思います。

ケーブル・ワイヤー周りのメンテナンス方法とは

058

まずは、で囲んでいる、ケーブルからワイヤーが出ている部分に
自転車用のオイルを吹き付けます。

こちらは、ギア・チェーンと違い、オイルがある程度しっかり残る方が
いいので、チェーンオイルより付着力の強いオイルを使用します。

私はラベン ワイヤーグリスというのを使っています。

非常にフリクションが軽いワイヤーグリスで、本当にシフトが
軽くなるのでオススメです。

arrow_orange[1]ラベン ワイヤーグリスについて詳しくはこちらへ

077

これらの部分にオイルを注入したら、次はSTIレバー部
にも吹きかけましょう。
ちょっと動きがよくなったりします。

 

059

あと、忘れがち、ですがスプロケットとその周辺もしっかりと注油して
おきましょう。本当に忘れがちになる所なんで。

で、注油をしたら、あとははみ出た所をしっかりウエスなどでふき取ればOKです。

すぐに出来るけれど、効果大です

簡単なメンテナンスですぐ終わりますが、これをするとしないでは
かなりシフトとかのスムーズさが変わってくるので、
面倒がらずにしっかりやった方が、いいですよ^^

ラベンワイヤーグリスに紙タオルのセットです

ついでに、私は使い易くて、すぐ捨てれる紙タオルを使っています。
紙タオル、個人的にすごく使い易くて大好きです!!




関連記事

  • チェーンギアの注油・メンテナンスはなぜ必要か
  • 4月23日 ミニベロロード自転車で ぶらりと川沿いポタリング 約30キロの道
  • ギア・チェーンの正しいメンテナンス方法とは
  • メンテルーブは使い易い!ワイヤー周りのメンテナンスに
  • デュラエースよりよく回るハブグリス「ピンクグリス」の誕生秘話とは
  • 12月27日 税務署にいくのもミニベロポタリング
  • 12月24日クリスマスの買い物へミニベロポタリング
  • 12月5日 ミニベロ ブルーノで夜ポタリング 自転車お手入れメンテナンスの為入院も
  • チェーンルブですぐ終わる!自転車の簡易メンテナンス方法とは
  • 毎日の簡易メンテナンス ミニベロで走ってきた後に
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ