クレ556を振っても直らない!チェーンの正しいメンテナンス方法とは

001

自転車のチェーンにクレ556を振ってはいけない

自転車のギア・チェーンの調子が悪くなると、
クレ556(KURE 5-56)、を吹きかけていませんか?

錆びとりや、ドアの動きをスムーズにしたり…
と、その性能の高さから、

スポンサードリンク

「チェーンが錆びてきた…」
「チェーンがキーキー音がしてチェーンが上手く回らない…」

となった時、

「そうだ!クレ556(KURE 5-56)を使おう!」
とチェーンに振り掛けていませんか?

そして、もし、もう振り掛けた後のあなた…
その後、症状が改善しましたか?
もっとひどくなったのではないですか?

クレ556(KURE 5-56)はオイルでなく洗浄剤!

そう、実はクレ556(KURE 5-56)は基本的には
オイル(油)ではなく、洗浄剤、なんです。

クレ556(KURE5-56)は使い方さえ誤らなければ、非常に優れた
洗浄剤なんですが、その優れた性能ゆえの幅広い使用用途から、
勘違いされている時も多々あるのです。

クレ556特性とは

クレ556の特性としては…

・色んな物によく浸透する浸透性
・振った後、すぐに蒸発する揮発性
・付着した油などを吹き飛ばす洗浄性
・滑りを良くする潤滑性

が主な特徴ですが、自転車のチェーンに振り掛けると、
上記の内、特に2つがまったくチェーンに向いていないんですね…

1.付着した油などを吹き飛ばす洗浄性

クレ556は元々、洗浄剤なので、洗浄性はばっちりで、しつこいグリスや
油なんかもスッキリと落としてくれます。が、待ってください!

自転車のチェーンに塗っているのは油(チェーンオイル)です…。
つまり、このオイルを落とすと、自転車のチェーンを保護する物が
なくなってしまいます。

でも、その代わりにクレ556を塗っているから大丈夫なんでは?
と思うかも、ですが…
ここでもう一つの特徴が非常にまずくなってくる訳です。

2.振った後、すぐに蒸発する揮発性

そう、クレ556は非常に揮発性が高く、蒸発しやすいのです。
これが洗浄作業だと、すぐに乾いて、非常にやりやすくて
重宝するのですが、
これをチェーンに振り掛ける時に置き換えてみると…

1.まず、クレ556を振って、自転車の油が全て落ちる
2.残ったのはクレ556のみクレ556は、数時間でほとんど蒸発する
3.チェーンはオイルもクレ556も無い状態になる


オイルが飛んでまったく何もない状態になり、
チェーンが錆びたり、、動きが余計に悪くなったりする

という悪循環に陥る訳です。

なので…

自転車のチェーンにはクレ556は厳禁!

自転車のチェーンの潤滑には絶対クレ556は使わない様にしましょう!
いや、本当に…。

どんなチェーンオイルを選んだらいいの?

なら、どんな自転車のチェーンオイルを選んだらいいか?

ママチャリなら、正直、自転車屋さんにいって、
「自転車用オイル下さい。」
と言って出された物を付ければOKです。

スポーツ系自転車なら…

ミニベロに代表されるスポーツバイクなら、
高性能なオイルを入れた方がいいでしょう。

お勧めのチェーンオイルです。

002

私はチェーンルブを愛用していますよ。
少し値段は張りますが、性能はかなり高いです。
もし、何を買うか迷ったら使って見て下さいね。
値段分の価値はあると思いますよ^^


arrow_orange[1]チェーンルブについて詳しくはこちらへ




関連記事

  • チェーンギアの注油・メンテナンスはなぜ必要か
  • ギア・チェーンの正しいメンテナンス方法とは
  • シフトが軽く入ってしまうワイヤーのメンテナンス方法とは
  • お勧め自転車メンテナンス用品 チェーンクリーナーの紹介
  • シフトが上手く入らない!1つのコツで初心者でも出来る調整方法
  • 拭いて捨てるだけ!超簡単!自転車メンテナンスタオルセットの紹介
  • ミニベロ自転車 ブルーノロード20 チェーンのお手入れ メンテナンス
  • 12月24日クリスマスの買い物へミニベロポタリング
  • 自転車のメンテナンス チェーンのお手入れの定番 ワコーズ チェーンルブの紹介
  • 毎日の簡易メンテナンス ミニベロで走ってきた後に
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ