ツーリングコース 小豆島一周の際の間違えやすい場所とは?要確認です

小豆島1

今回、  2013年8月17日 に 小豆島に ツーリングに 行って来ました!
期待は していましたが、 思った通りの 素敵な所で、  
とても 楽しめました!  
スポンサードリンク

arrow_orange[1]小豆島のルートの詳細はこちらから

でも、 今回の小豆島1周、 心残りが一つ、 あるんです…。 
それは…

小豆島1 - コピー

この黒丸の所!に行きそびれたのです…

本当は…

3小豆島

こうなるはず、で、ポタナビにも、そう設定していたのですが、
ツーリングに行っている最中にちょっと道逸れているな、
と思っているくらいで、さくっと通過してしまいました…。

後から、調べてみると、この部分、非常に間違い易く、
他にツーリング行った方々もかなりの割合で間違ったのでは
ないでしょうか?

という事で、まずは気を付けるべき点をみていきましょう。

5小豆島

今回、行ってしまったルートです。しっかり小豆島を一周
するには…

6小豆島

黒い矢印の「正しいルート」

に行かないといけません。

赤い矢印の「間違ったルート」
に行ってしまった場合、ですが、間違った場合は
長いトンネルになるので、トンネルが見えてきたなら、
間違った証拠、ですので、引き返しましょう。

もう一か所、間違えやすい所あります!

7小豆島

無事、黒矢印の正解ルートに行っても、さらにもう一か所
気を付ける所が…

それが、上記の分岐です。黒矢印の分岐から最初の分岐になるので、
黒矢印の分岐に入ったら、左側には注意して走行しましょう。

見落とすと…

ショートカットプランになってしまうので要注意!です。

何故、時計周りにツーリングするのか?

ついでに、時計周りだと、非常に見つけにくいルートとなるのですが
反時計周りだと、普通に分岐があり、まず見落とす事がない
ルートとなります。

なら、なぜ時計周りで回るのか?

なぜかというと、島の場合は時計周り、湖の場合は反時計周り
で回ると、水際を走る事が出来、気持ちのいいツーリングと
なるから、です。

なので、自転車でツーリングに行く際は必ず左回りルートとなり、
この部分が非常に見落とされやすい部分となるので、
気を付けましょう。




関連記事

  • おすすめツーリングコース 伊良湖岬100キロ超えルートマップ
  • ミニベロ ロード20で小豆島100キロツーリング その後編
  • ミニベロ ロード20で小豆島100キロツーリング その5 完結編
  • ミニベロ ロード20で小豆島100キロツーリング その4
  • ミニベロ ロード20で小豆島100キロツーリング その3
  • ミニベロ ロード20で小豆島100キロツーリング その2
  • おすすめツーリングコース 淡路島一周150キロ超えルートマップ
  • ミニベロのツーリングに必須!さらっとしていて落ちない日焼け止めとは!アネッサ パーフェクトUVサンスクリーンA+の紹介
  • 2月21日 ブルーノミニベロロード20で久しぶりの清滝峠ポタリング
  • 9月23日交野方面にミニベロMR-4Rでポタリング
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ