ドロップハンドルは下ハンを握るだけでない!3つポジションの役割とは

080_R_thumb[1]

ドロップハンドルって下ハンドルがある!というだけ
ではないんです!

実はドロップハンドルには2つの役割があります。
その役割とは何か?を今から説明していきますね。

スポンサードリンク

ドロップハンドルの2つの特徴とは

080_R - コピー_thumb[1]

特徴その1 下ハンドルがある!

下ハンドルがあり、そこを握って、腕を引く事に
より、ゆるい傾斜の坂道や平地で急加速したい
時、腕、腰、足、背筋、全ての筋力を使い
自転車を漕ぐ事が出来ます!

080_R - コピー (2)_thumb[1]

特徴その2 其の特殊な形状から多彩なポジションがとれる!

1.下ハンドルポジション
上でも説明した通り、急加速時等に使います。また姿勢が低くなる
事で多少空気抵抗が小さくなるので、高速巡航時もこのポジション
を取る事が多いです。

2.ブラケットポジション
ツーリング時などの、通常走行、巡航時に使います。
このポジションが一番多く使います。

3.クランプポジション
特に体幹が疲れた時(私の場合背筋が多い)休む為のポジション
です。前傾姿勢が最も弱くなる為、体幹の筋力は使えないですが
その為、休める事が出来ます。

自由なポジションを取れるのが最大の利点!

ドロップハンドルの最大の利点は、下ハンドルがある事と
その形状により、速く走るスタイルから、
のんびり走るスタイルまで、ハンドルを持つ場所を
変えるだけで調整出来る!
という所が最大の長所なんです。

特に長距離だと、ずっと同じ姿勢だとしんどくなって
きますから、疲れ具合等によってポジションを変える
事の出来るドロップハンドルは
ロードバイクに標準装備されているんですね。

ミニベロでも長距離を走るなら、つけた方が楽ですよ。




関連記事

  • おすすめツーリングコース 伊良湖岬100キロ超えルートマップ
  • ロードバイクに試乗!ミニベロと比べてのその魅力とデメリットとは
  • ミニベロの種類 ロードバイク系ミニベロの特徴とは
  • ミニベロショップを見分けるには 3つのコツを教えます!
  • ミニベロロードで体幹しっかり使おう!ハンドルの高さ調整の重要性とは
  • 10月16日 ミニベロでしまなみ海道へツーリング!つるさん100キロオーバーの道その4
  • 4月9日 つるさんのロードバイクとミニベロで奥琵琶湖までツーリング その6
  • ミニベロロード20とTREK(トレック) Madone 3.1と淡路島半周ツーリング 後篇
  • 2月9日 淀川ツーリングいってきました!
  • これが新チェーンリング!Q-RINGS!その速さの秘密とは
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ