カスタムせずにツーリングが出来るミニベロ一覧です!100キロ以下の走行なら

140823-164550_R

カスタムもしようとは思わない、ロングツーリングはしんどいし
するつもりも無いよ、ミニベロですし…。
でも、100キロ以内くらいのツーリングはしようと思っている
あなたにぴったりなスポーツミニベロベスト4を選びました!

スポンサードリンク

 

性能一覧です!

1~5の5段階評価です。数字が上がる程、性能が高くなっています。 

軽さ 加速 衝撃吸収 速度維持
MR-4R 1 2 5 5
ニューワールドツーリスト 2 2 4 2
アレックス モールトン 1 3 3 2
BD-1 1 4 2 1

各ミニベロの詳しい説明

MR-4R…ツーリングもこなす折り畳みミニベロの優等生

182-

長距離を快適に輪行する為に作られた、と書いても過言ではないMR-4Rは、
ロングツーリング部門に続いて、連続のランクイン!です。
折り畳んで良し、走行性能も24インチというミニベロ最大のインチ数のタイヤを
使う事によって、速度維持もいい。サスペンションも柔らかめでツーリングには
優しいミニベロです。

何よりスゴイのはこれだけの機構、性能を持っているのにも関わらず、10万円前半
という安さ!ですね。これだけ安くて、性能もそこそこなので、
オススメせざるを得ないです。

ニューワールドツーリスト…しなやかなフレームで快適にツーリング!

141011-134615_R (1)

非常にしなやかなクロモリフレームのニューワールドツーリストは、
高速域ではしんどいですが、時速20~25キロくらいまでのペースで
のんびりツーリングするには最高のミニベロと思います。

しなやかながら、フレーム自体はしっかり強くて、ダンシングしても
フレームが負けている感じはしません。あまり強く踏み込むと
フレームがしなって力が逃げてしまうのは玉に傷ですが。
マイペースでツーリングするなら、オススメできるミニベロですよ。

アレックスモールトン…トラスフレームのしなやかさは本物!

6b7958976d5c

トラスフレームという独特の形状のフレームを持っている
超!高級ミニベロです。
ミニベロを知らない人でも、このフレームを見たら、つい振り向いて
しまうほど、美しいフレームです。
このフレームを好きになってしまう人の気持、すごく良く分かります。
だって…カッコイイから…。

で、肝心?のフレームの性能なのですが、しなやかなフレームでありながら
踏み込むとある程度かそくしてくれます。
これだけ細いフレームなのに、ダンシングにしてもしっかりフレームが
受け止めてくれるのは流石です。

ですが、他のメーカーのフラッグシップモデルの
スポーツミニベロと比べると、フレームが重いですし、
加速感もややもったりしています。このミニベロをそのままで乗って
ロングツーリングは厳しいと思いますが、普通のツーリングは、
ある程度走ってくれ、さらに乗り心地もいい、と言う事なし、となります。

ただ、値段が一番安くて20万円以上、と最上級となると100万円のも…
さすがに値段、高すぎます…。

BD-1…クイックで加速するミニベロらしいミニベロ

D60_a7092a

小粒な折り畳みミニベロなのに、しっかりとした剛性感を持った
スポーツミニベロです。タイヤのインチ数は18インチなので、速度維持は
苦手ですが、こんなに小さい車体なのにグイグイ進むのは
乗っていて楽しいです。

ややハンドリングが不安定ですが、そこも小径のミニベロらしくて
私は好きです。本当は欠点なんですが…。
値段も10万円後半台で少し値段は高めですが、小さく折り畳みも出来ますし、
面白いミニベロ、と私は思っています。




関連記事

  • バイクフライデー|ポケットロケットに実際に試乗した際のインプレッション
  • ミニベロ アレックス モールトンに実際に試乗した自転車のインプレッション
  • 5月5日 淡路島1周再び!ミニベロロード20でツーリング前篇
  • ミニベロの種類 リカンベント系ミニベロの特徴とは
  • ミニベロロード20とTREK(トレック) Madone 3.1と淡路島半周ツーリング 後篇
  • 2月9日 淀川ツーリングいってきました!
  • 11月19日清滝峠にポタリング ロード20とMV-Cを比べてみて
  • ロードバイクに試乗!ミニベロと比べてのその魅力とデメリットとは
  • 10月2日ポタナビも活躍!ミニベロMR-4Rで淀川沿いからUSJにポタリング
  • 8月4日ミニベロ自転車8インチキャリーミー2で花火大会ポタリング
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ