たけとがミニベロという自転車にはまるまでの道 その2

P9130298
これが、私の乗っていたリカンベント、クリーンスピード、
クールライダーです。(今は友人にあげました…)

リカンベントとの出会い

こうして、高校卒業後は、バイク、自動車と乗る乗り物も変わり、
自転車ライフは一旦幕を閉じたのですが、

スポンサードリンク

それから約10年後、会社の同僚が「リカンベント」という自転車に
乗っている事を知ります。
「BikeE]というセミリカンベントの自転車で
背もたれがあって、そこにもたられて乗る、という一風変わった自転車でした。

で、その自転車を見た時、「こんな自転車乗ってみたい!!」

と強く思い、BikeE は入手困難か事と、値段の事もあり、流石に手に入れれない…

リカンベントを購入!そして…

という事で、クリーンスピード クールライダーという初心者向きのリカンベント車を購入。

で、実際に走ってみると、ノーマルでは走りが重たいんです。
なので、タイヤを交換し、前輪がシングルギアなので、後ろのギアのレシオを最大にするため、マウンテンバイク用の9段ギアを使用。

少しでもスポーティーに走れる様、マウンテンバイク用のSPDペダル&シューズを使用。今思えば、この頃から改造癖があったのかも…ですね…。

こうして、街乗り~中距離が走れる
リカンベントが完成し、同僚と一緒に色々と出かけるのでした…。

リカンベントの乗り味は独特で、背もたれを使って、
体幹(主に背筋・腰筋)を使って漕ぐ事や、その乗車姿勢からくる
解放感、その乗車姿勢からくる乗り味…。
今思い返しても面白い自転車です。

リカンベントともだんだん疎遠に…

で、見返してみると、リカンベントで出かけた事は数知れず、なんですが
写真がちっともない…。ざ、残念です…。

で、会社の同僚ともしばらくは仲良くしていたのですが、結局性格が合わず、疎遠になっていきました。

で、その後も一人でリカンベントはちょくちょく乗っていたのですが、
やっぱり一人だと、だんだん疎遠になっていくんですね…。やっぱり…。

という事で、私の2回目の自転車ライフは幕を閉じたのでした。


arrow_orange[1] ミニベロという自転車にはまるまでの道の続きはこちらのページへ




関連記事

  • たけとがミニベロという自転車にはまるまでの道 その1
  • 9月19日ミニベロMR-4Rで今度は夜に鶴見緑地へポタリング リカンベントに遭遇!
  • ミニベロロード20とTREK(トレック) Madone 3.1と淡路島半周ツーリング 後篇
  • 2月9日 淀川ツーリングいってきました!
  • 12月24日クリスマスの買い物へミニベロポタリング
  • 11月19日清滝峠にポタリング ロード20とMV-Cを比べてみて
  • ロードバイクに試乗!ミニベロと比べてのその魅力とデメリットとは
  • 10月2日ポタナビも活躍!ミニベロMR-4Rで淀川沿いからUSJにポタリング
  • 毎日の簡易メンテナンス ミニベロで走ってきた後に
  • 8月4日ミニベロ自転車8インチキャリーミー2で花火大会ポタリング
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ