ミニベロ タイレルPKZに実際に試乗した際のインプレッション

タイレルPKZインプレッション

タイレルPKZってどんなミニベロ?

折り畳み機構を持たない、1本フレームの
チタンモデルです。実は1回PKZはタイレルのラインナップから
消えてしまったのですが、復活しました。

PKZ独特のシートステーの形状は、見た目もかっこよく、
乗り心地の向上にも寄与しています。

スポンサードリンク

タイレルの実質的な
フラッグシップモデルはカーボンのCSIで、
軽量化とコストパフォーマンスを考えると
カーボンに及ばないチタンですが、
その独特の金属の輝きのカッコ良さから高級ロードバイクにも
時々使われている素材です。

金属にも関わらず、重量は軽く、カーボンに匹敵する
軽いフレームにする事が出来ます。

カーボンよりも、もっと金属感のあるフレームが
欲しい、というような方に作られた、スペシャルモデル、
という事ですね。

 

タイレルPKZに試乗してみて分かった事

072

タイレルPKZに試乗した際の印象

流石のチタンモデル、フレーム重量1.6キロは
やはり軽い!またがった瞬間に分かる、『軽っ!』という
感覚は嬉しいです。

フレームはかなり柔らかい印象です。
タイレルシリーズはみんなリア部のフレームが固く、
お尻が突き上げられる感じがあるのですが、

PKZはそんな事はありません。シートステー部分の構造が
特殊で、きっとこの構造で衝撃を逃がすように出来ている
と思われます。

 

ロングツーリングやポタリングに最適

なので、その重量の軽さも手伝って、ポタリング、
ゆっくりツーリングをするなら、とても快適なフレームに
仕上がっていると思いますよ。

ペダルをぐっと踏み込むとフレームもぐっと曲がって
ちょっとパワーロスがあるな、と感じましたが、
普段のツーリングでしたら、このくらいフレームが
曲がってくれた方が楽なのではないでしょうか。

坂道ではパワーロス=しんどい に繋がりがちですが、
超軽量のフレームでその弱点はカバーできるのでは、
と思います。
(ただ、試乗では坂道を走っていないので断言できませんが…)

 

他のチタンモデル(PK1)との比較

同じチタンモデルのPK1との比較ですが、まったく別のフレーム、
自転車です、これは。
PK1はPKZと違い、フレームが固く、キビキビ走るフレームです。

なので、ゆっくりツーリング、またロングツーリングするなら
PKZ、中距離のツーリングがメインでガンガン飛ばして、
ロードバイクぶち抜くぜ!みたいな方でしたら、PK1がいいと
思いますよ。

 

カーボンモデルのCSIとの比較

PKZはカーボンモデルのCSIと、その乗り味はかなり
近いです。どちらも乗り心地と走行性能をバランスの良い
フレームです。

実際に乗り比べた私の実感では、CSIより、PKZの方がより乗り心地が良く、
CSIよりもうちょっとフレームが柔らかい、といった印象です。

CSIの方がペダルを踏みこんだ時に反発力が強く、加速はCSIの方が
やや上でしょう。CSIはカーボンステーで衝撃を吸収してくれていますが、

やはりちょっと強い段差等になるとそれなりに振動がガツッと伝わる
CSIに比べ、PKZは上手い事衝撃をやんわりと吸収してくれます。

普通にペダリングしていたら、気持ち良く走行できるのは
PKZと思いますよ。

 

折り畳みモデル(FX FSX)との比較

PKZに乗った後、FXやFSXに乗ると、もうFXやFSXに乗るのが嫌になるくらい、
フレームの出来には雲泥の差があります。

タイレルはどちらかというと、折り畳みミニベロのフラッグシップ、といった
印象がありますが、フレームの性能の真価を発揮するのは1本フレームです。
輪行して小さく折りたたんでツーリングに行く、という使い道を
しないなら、

PKZに限らず、1本フレームのタイレルのフレーム、モデルを選んだ方が
いいですよ。

 

タイレルPKZのまとめ

073

完成車が約48万円とミニベロのフラッグシップモデルの中でも
最も値段の高いミニベロの一つです。

いくら軽量で性能が高いフレームといっても、
コストパフォーマンスという点で考えるなら、
まったく割りに合いません。

 

チタンフレームの独特の輝きがいいですよね

安くてもいいフレームのミニべロのフレームはありますし
それらのフレームにフルカスタムしても48万円はまだお釣りが
帰ってくるくらい高価です。

ですが、このフレームの独特の形状、チタンでしか出せない
高級感のある輝きが気に入って、『こんなミニベロが欲しい!』
と思ったなら、購入するのはおおアリ、だと思いますよ。

値段は高いですが、フレームの素性も素直ですし、
基本性能が高いので、このデザイン、チタンの輝きが気に入って
購入するなら、きっと満足の出来ると思います。

 

試乗出来るなら試乗してみて下さい

ミニベロに限らず、スポーツ自転車を購入する前は
試乗してから買うのが一番ですが、試乗出来ない場合や
事情もあるのも事実なので、そんな時の一助になれば
幸いです。

タイレルは比較的、試乗会もしている方ですので、
気になって、機会があれば一度試乗してみるといいですよ。




関連記事

  • ミニベロ タイレルPK1に実際に試乗した際のインプレッション
  • ミニベロ タイレルCSIに実際に試乗した際のインプレッション
  • ミニベロ タイレルCXに実際に試乗した際のインプレッション
  • ミニベロ タイレル TYRELL に実際に試乗した自転車のインプレッション
  • ミニベロ タイレルFXに実際に試乗した際のインプレッション
  • ミニベロ タイレルイヴに実際に試乗した際のインプレッション
  • ミニベロ タイレルFSXに実際に試乗した際のインプレッション
  • ミニベロ ミケ凪に実際に乗った際の自転車のインプレッション
  • ミニベロ BD-1に実際に試乗した自転車のインプレッション
  • ミニベロ 凪 NS451-R に実際に試乗した際のインプレッション
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ