ミニベロで福井の龍双ヶ滝まで146キロツーリング|しおかぜラインと日本百選の滝

150815-070635-008_R

8月17日ミニベロ友達の岡本と敦賀の大比田海岸から龍双ヶ滝まで、
そして別ルートを辿っての、約146キロのロングツーリングに行ってきました。

坂も多いツーリングコースでへとへとになりましたが、
琵琶湖1周や淡路島1周とは一味違う、久しぶりにワクワク出来た
ロングツーリングでしたよ。

琵琶湖や淡路島一周に飽きたのなら、イチオシのツーリングコースです。

スポンサードリンク

 

敦賀の大比田海岸から龍双ヶ滝までのルートマップ

 

しおかぜライン以外ほとんど同じコースを走らない様に
ルートを取っているのがポイントです。

 

ミニベロでロングツーリングする前にカスタムしよう

ミニベロでロングツーリングするのは正直しんどいです。
特にロングツーリングに効果的なカスタムを紹介しているので
ツーリング前に1箇所か2箇所でもカスタムしておくと
かなり楽に走行する事が出来ますよ。

arrow_orange[1]ロングツーリングに適したカスタム一覧はこちら

 

朝が登る大比田海岸からスタート

150815-070626-007_R

さあ、いよいよ146キロツーリングの始まりです。
朝日がすがすがしい海水浴場を見ながら、スタートです。

 

駐車場についてのワンポイントメモ

朝7時前におつるがの大比田海水浴場に到着です。
朝暗い内から解す浴場の駐車場に止める事が出来るので便利ですよ。
駐車場代は1日千円かかります。

朝早いとまだ係の人がいないので、その場合は夕方帰ってきた
時に払いましょう。

 

最高の青空の青い海のしおかぜライン

 150815-072029-063_R

150815-080154-074_R

海のすぐ横のしおかぜラインをミニベロ2台で駆け抜けていきます。
まだ朝なのでそれほど暑くもなく、気持よく漕いでいきます。

 

コンビニで休憩中にロードレーサーと出会う

150815-081211-076_R

しおかぜラインを超えてコンビニで小休憩していると、
地元のロードレーサーの方々で出会いました。

しゃべり方が関西と違うので、ちょっと戸惑いました。
福井まで来るとしゃべり方もちょっと違うんですね。

この後もちょくちょくロードバイクが走っているのを見たので、
福井は意外にロードバイク人口多いかも?です。

 

しおかぜラインの後は激坂が待っていた

150815-083353-083_R

150815-083536-084_R

しおかぜラインが終わり、今度は滝に向かう為
山の中へ…。当然、激坂です。

 

激坂をこえたらしばらく平らな道が続きます

089

激坂を一つこえたら、しばらくは平坦路となっていました。
楽ですが、ちょっと街っぽくなっていて景色がイマイチ…

 

山奥に入る前にドリンク休憩

150815-110631-111_R

150815-095058-010_R

街中エリアを超えたら平坦路から坂道になってきました。
とりあえずジュースを飲んで小休憩です。

 

いよいよ龍双ヶ滝が近づいてきました

150815-110654-112_R

150815-110825-114_R

いよいよ龍双ヶ滝まであと7キロ…このあたりからずっと
勾配はゆるいものの、坂が続きます。正直結構キツイ…

 

最後の1キロはキツイ坂が待っていた

150815-113609-124_R

いよいよ滝まであと1キロ!しかしここからの1キロは
ぐっと勾配も上がり続け、最後は15%くらい?
とにかく激坂1キロを抜けると…

 

龍双ヶ滝に到着!

150815-114834-016_R

遂に龍双ヶ滝に到着です!

150815-115703-026_R

いやあ、日本百選に選ばれるだけあって、すっごくキレイでした。

 

もちろん、記念撮影を撮ります

150815-115414-025_R

せっかく来たので、記念撮影です。パチリ!

 

ちょっと、はじめてみました

150815-120113-030_R

調子に乗って自転車持ち上げてみました。

 

なんと、山奥でパンク!

150815-121020-127_R

滝を見に行った帰りに岡本のミニベロの前輪が
パンクしました…。道路の穴にはまっての
リム打ちバンクみたいです…。

サドルバックから予備のチューブを取り出して
チューブ交換しました。

 

パンク時に修理出来る様になっておこう

ロングツーリングの時は今回様に思わぬ所で
パンクしたりします。ちなみにここ、携帯電話の電波
圏外でした…。パンク修理出来ていなかったら
徒歩で帰るハメになっていたかも…

なので、ロングツーリングに行く前にパンク修理用品
を揃えてしっかり備えておくといいですよ。

arrow_orange[1]パンクを直すのに必要な用品一覧はこちら

 

こってコテいけだで昼食

150815-130623-033_R

滝を見に行った後はこってコテ池田で昼食です。
朝から何も食べていないのでもう、お腹ぺっこぺこ!
色々、食い散らかしてしまいました。

arrow_orange[1]こってコテいけだでの昼食の様子はこちらへ

 

帰りは下り坂

150815-143652-139_R

行きとは違う峠道を使い、帰りはダウンヒルです。
適度に曲がりもあって、楽しいダウンヒルでしたよ。

 

ゴールまでもう一息!

150815-163013-142_R

下りが終わったら、少しの平坦路を挟んで最後の峠超え…
この最後の峠超えが一番こたえました。

 

しおかぜラインに戻ってきました!

150815-165814-145_R

そして、終にしおかぜラインに戻ってきました!
もう坂道はありません!もう体力ないけれど、
ゴールが近づくとテンション上がります。

 

遂にゴール!146キロ完走!!

148

そして遂に146キロ完走しました!

しんどかったけれど、初めてのコースという事もあって
すっごく充実したし、楽しかったです。

 

まとめ動画もあります



ブログ記事では公開できていない場面も色々出てきているので
良かったら見て下さいね。

 

今回のコースの特徴・感想

海も山も楽しみたい!という事で海水浴場からスタート、
そして龍双ヶ滝に行く、というコースです。

スタート直後のしおかぜラインは路面も良好で非常に
走りやすく、隣には美しい日本海が広がっていて、
海の側のツーリングを満喫できます。

そして、滝に向かっての山越えは坂は厳しいですが、
その景色は素晴らしいです。もちろん、龍双ヶ滝は
日本百選の滝だけあって期待を裏切らない美しさでしたよ。

坂を登った後のダウンヒルも、曲がりやすい程よいカーブが多く、
走っていて楽しいです。私も琵琶湖1周、淡路1周、小豆島1周等
してきましたが、ロングツーリングコースの中で、今までで一番の面白さ
でした。

坂あり、下りあり、いい景色あり、そして最後の動画でもありますが
最後、トンネルを抜けた直後にでてくるしおかぜラインの景観は
最高です。

 

今回のコースをロングツーリングする際の注意点

敦賀の大比田海岸から龍双ヶ滝までのロングツーリングですが、
ルートラボでは獲得標高が淡路島の約1.5倍の1500m(淡路島は約1000m)
と約1.5倍の坂があります。

実際に走行すると、淡路島の2倍くらいしんどいです。
なので、ツーリング初心者が行くと、リタイヤの危険すらあります。
この日はペースが大きく落ちる事は無かったですが、それでも
午前7時~午後5時までかかっています。

淡路島1周してりる方なら、淡路島1周+1~2時間を見れば
だいたいイコールかな、と思います。

あと、トンネルが多いので、ライト類を持っていくと
いいですよ。

 

最高の思い出を作りましょう

淡路1周や琵琶湖1周等のありきたりなロングツーリングは
嫌だ、でも自分でルート作っている時間はない、のなら
一度行ってみてはどうでしょうか?

きっと楽しいですよ^^V




関連記事

  • ツーリングの際の水分補給は水かスポーツドリンクどちらがいいの?
  • 2月9日 淀川ツーリングいってきました!
  • 2月21日 ブルーノミニベロロード20で久しぶりの清滝峠ポタリング
  • 3月14日ミニベロロード20で再びくろんど池までポタリング
  • 3月17日 ミニベロロード20で今日もくろんど池までポタリング
  • ミニベロロードで淡路島100キロツーリング|旨いカツとハルゼミの旅
  • 10月16日 ミニベロでしまなみ海道へツーリング!つるさん100キロオーバーの道その10
  • ミニベロ ロード20で小豆島100キロツーリング その2
  • 8月28日岡本とミニベロポタリングQ-Rings披露会
  • 大阪から和歌山輪行ツーリング|あの坂をのぼれば海が見えた!
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ