ミニベロで行く奥琵琶湖だけツーリング|メタセコイヤ並木から余呉湖までの道

089

今回はあっきーさんと一緒に新緑が広がる奥琵琶湖エリアに
ミニベロで輪行ツーリングに行ってきましたよ。

 

今回の自転車旅行の見どころ

checkmark新緑のトンネルのメタセコイア並木

checkmark山からの琵琶湖の絶景が見れる!奥琵琶湖パークウェイ

checkmarkチープ美味しい?つるやパンでお昼ごはん

checkmark琵琶湖じゃないよ、余呉湖を一周ツーリング

checkmark超田舎感ただよう駅で輪行

というのが主な見どころです。

スポンサードリンク

 

マキノ駅から出発

001

電車でも行けたけれど、今回はマキノ駅までは自動車で
行きましたよ。

 

マキノ駅の前には駐車場があります

マキノ駅の前には無料駐車場があります。
30~40台くらいのスペースがありましたよ。

 

駐車場の場所

あまり情報が無いので、グーグル・マップを貼ってみました。概ね
このあたりに無料駐車場がありますよ。

今回のルートマップ

 

今回は上の様なルートで行ってきましたよ。
走行距離約65キロ、獲得標高約350mとちょっとしんどい
けれど、この距離ならツーリング初心者でも無理なく行く事が
出来ます。

 

奥琵琶湖だけツーリングの特徴

今回の奥琵琶湖だけツーリングでは、普通の琵琶湖1周では
まず行く事の無い、メタセコイヤ並木、奥琵琶湖パークウェイ、
余呉湖、の3つのポイントがあり、そのどれもが素晴らしい
景色でしたよ。

琵琶湖1周は何度も行ったよ、という方にこそ、
一度行ってほしいルートです。

 

新緑の緑のトンネル メタセコイヤ並木

011

スタート直後に出てきた、
新緑の黄緑の緑のトンネル、メタセコイヤ並木です。
新緑のトンネルをくぐっているような感覚で、
こればかりは琵琶湖を走っていても絶対に体験できないです。

 

奥琵琶湖周辺をミニベロで走り抜ける

メタセコイヤ並木を超えると琵琶湖に降りて来て、
奥琵琶湖を走り抜けましたよ。 このエリアは平地なので気持よく
ツーリング出来ますよ。

 

海津大崎周辺

019

海津大崎でパチリと記念撮影をして、奥琵琶湖エリアに突入です。

 

奥出湾周辺

021

 

そして奥出湾は琵琶湖の中でも最も気持ちいいサイクリングロードの一つ。
そんな奥琵琶湖を颯爽と走り抜けます。

 

奥出湾でパンク

276

奥出湾を通過中、なんと2度もパンクしてしまいました。
こんな事もあるので、しっかり予備のチューブと
パンク修理キットと工具を持っておきましょう。

arrow_orange[1]パンク修理に必要な物とその手順について詳しくはこちら

奥出湾周辺は何もないので、このあたりでパンクして
直せなかったら10~20キロは歩かないといけないので…。

 

奥琵琶湖パークウェイを登る

024

奥琵琶湖パークウェイは、標高が約350mあります。

 

035

350mの坂道はちょっとだいぶしんどいですが、この山を登って見える琵琶湖は
正に絶景。しんどい目に合うだけの価値はありますよ。

 

坂道を楽に登る為のカスタムがあります

ミニベロを『カスタム』すると、坂道が少し楽に
走行する事が出来ますよ。 坂道が楽になるとツーリングも
より楽に楽しくなります。

arrow_orange[1]坂道に適したカスタム一覧はこちら

 

奥琵琶湖パークウェイの山頂に到着

039

奥琵琶湖パークウェイの頂上には、駐車スペースと
出店もあります。食物や飲み物、お土産も少しですが
置いています。

 

練乳ソフトクリームを食べる

295

二人でひーひー言って登ってきて汗だくに
なったので、今回は練乳のソフトクリームを食べました。
美味しかったです。

 

注意!奥琵琶湖パークウェイは一方通行

奥琵琶湖パークウェイは一方通行です。
必ず奥出湾から入るようにしましょう。

arrow_orange[1]詳しくは『びわ湖1周』のHPのに詳しく書かれています

 

奥琵琶湖パークウェイがあるから『時計回り』のルート

通常琵琶湖のツーリングは反時計周り(湖の側を走れる) なのですが、
奥琵琶湖パークウェイが奥出湾側(湖西側)からしか入れないので、
今回のルートは時計回りのルートとなっています。

 

つる屋パンに到着

045

そして、遂につる屋パンに到着。
ここはサラダパン、とは名ばかりの
たくあんとマヨネーズがはさまっているパンが
有名です。

この写真は丁度通りかかってくれた方が好意で撮ってくれました。
白のミニベロ(凪)が私で、黒のミニベロ(MR-4R)があっきーさんです。

 

チープ美味しい 『つる屋パン』のパン達

055

今回は、 チーズフォンデュウ、おさつおもち、ハムカツチョコ、
そしてつる屋パン定番の『サラダパン』をを食べましたよ。

それぞれのパンの簡単な感想を…

 

チーズフォンデュウ

048

普通にチーズが真ん中に乗ったパンです。真ん中のチーズ
意外に本格的で美味しかったですよ。でもチーズ部分が
少なめなのがちょっとさみしかったです。

 

おさつおもち

049

もちもちのパン生地に、さつまいもペーストのあんが美味しかったです。
美味しいんですが、中のあんこが少なすぎます。
ちょっとスカスカ感ありです。

でも、150円という事を思えば十分満足の味と量でしたよ。
300円にしていいから、あんがたっぷりはいったのが食べたい…。

 

ハムカツチョコ

050

ハムカツにチョコ生地のパンをはさむという暴挙。これぞつる屋パンの
真骨頂!で、味ですが、これが意外に合うんですよ、チョコとハムカツが。
ちょっと不思議で美味しい、そんなパンでしたよ。

 

サラダパン

051

つる屋パンといえば『サラダパン』というくらいお店の名物の
パンです。サラダパンとは名ばかりの、具はまさかのタクアンを
マヨネーズ(爆)

しかし、これが意外に美味しいんです。ちょっとチープなパン生地に
これまたマヨネーズとタクアンのコラボレーションが絶妙に合います。

このご馳走じゃない感じがまたいいんです。每日でも飽きずに
食べれそう…そんなパンですよ。

 

つる屋パン総評

どれも素朴で、チープな味なんだけど、なんか美味しい。
ちょっと不思議な感じのパン達です。

残りのつる屋パンについては、たくさんの人が食べログにも投稿されているので
詳しい味の説明などは食べログを見て下さいね。

arrow_orange[1]つる屋パンについて詳しくは『食べログ』に書かれています

 

絶景の余呉湖ツーリング

078

ちょっと遅目の昼食を食べた跡は、余呉湖ツーリング。
正直、しょぼい、と思っていた余呉湖なんですが、
実際に行ってみると、とても素敵な湖でしたよ。

098

キラキラと輝く木漏れ日と新緑の景色に 年甲斐もなく、感動してしまいました。

最期は超田舎の余呉駅で輪行して帰ります

108

最期は超田舎っぽい駅の余呉駅から帰ります。

ミニベロを輪行袋に入れる

125

輪行袋にミニベロを入れて、余呉駅から帰ります。

arrow_orange[1]ミニベロにオススメの輪行袋とその用品はこちら

 

フレームを傷つけたくなければ専用の緩衝材もあります

124

輪行時にフレームとホイール等が当たってフレームに傷つく
のが嫌なら、ミニベロのサドルバックにも入れて持ち運びも出来る
専用の緩衝材がありますよ。

使い捨てでちょっと面倒ですが、お気に入りのフレームを
守る事が出来ます。

arrow_orange[1]輪行用のフレーム緩衝材について詳しくはこちらへ

 

最後くらいのんびりしようよ

133

なんと、余呉駅はだいたい1時間の1回しか電車が来ない…
今回は丁度電車が行った直後で、約50分くらいは待ちましたよ。

待ち時間1時間と電車に乗る時間が約30分、これだけの時間があれば
ミニベロで飛ばして走行すれば時間的には変わらない…。

でも、一度来た道を戻るだけの、ただしんどいだけの消化試合の様な
ツーリングはしたくないな、と思い輪行して帰ったのでした。

時間は一緒でも輪行した方が楽ですもんね。

 

駅の風景も輪行の醍醐味

ゆっくりと田舎感満載の景色を楽しめるのも輪行の醍醐味です。

 

マキノ駅に戻り、今回の自転車旅行はおしまい

145

こうして、マキノ駅に戻り、今回のミニベロ旅行は
終わったのでした。

 

実は、他にもこんな素晴らしい景色も

015278

068088

もちろん、メタセコイヤ、奥琵琶湖パークウェイ、余呉湖は
素晴らしい景色だったのですが、それ以外の所も、こんなに
たくさんの素晴らしい風景がありましたよ。

上の画像はそのほんの一部です。残りの素晴らしい景色は
あなたが実際に奥琵琶湖と余呉湖にツーリングに行って、
確かめて下さいね。




関連記事

  • ミニベロで南淡路ツーリング|ナゾのパラダイスと風の谷を超えたら夕焼けに染まる海が見えた
  • 真冬の奈良へ輪行ツーリング|奈良公園でミニベロ襲われる!法隆寺と絶品くずきりの紹介も
  • 4月9日 つるさんのロードバイクとミニベロで奥琵琶湖までツーリング その2
  • 4月9日 つるさんのロードバイクとミニベロで奥琵琶湖までツーリング その3
  • おすすめツーリングコース 海津大崎お花見奥琵琶湖1週ツーリングマップ
  • ミニベロで奥琵琶湖パークウェイツーリング|つづら尾展望台の大パノラマが待っていた
  • 大阪から和歌山輪行ツーリング|あの坂をのぼれば海が見えた!
  • 6月30日 星のブランコまでポタリング 鯛焼きの旅
  • 10月24日ミニベロMR-4Rで清滝峠ポタリング
  • 8月28日ミニベロMR-4Rで淡路島プチツーリング Q-Ringsの試運転
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    トラックバック

    コメント

    1. まりお より:

      おお~懐かしいつるやパン
      自転車ライフを満喫してますねぇ~緑が綺麗なシーズン!

      琵琶湖は気付けば、3月、4月(たけとさんと一緒に行った時)5月と連続で行きましたが6月も個人的に計画中です。
      佐川急便さんでポスター発見!大河原邦男展って書いてあるじゃないですか!?(ガンダムのメカニックデザイナー)
      6月16日まで佐川美術館(滋賀県は琵琶湖大橋東側)で開催らしいので只今調整中です。

      お互い怪我なく安全運転で自転車満喫しましょう!

      • たけと より:

        こんにちは。
        つるやパン、再び行くことになるとは思いませんでしたよ^^;
        という事は、まりおさんは再び琵琶湖へ?ですね。

        またお互いの都合をつけて、日本海の方もいきたいですね!
        これからもよろしくお願い致します。


    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ