ロングツーリングにおすすめのミニベロカスタム一覧表

017 - コピー

カスタムしてロングツーリング出来るミニベロにしよう

基本的にミニベロはロングツーリングに不向きな自転車です。
楽に・速く・快適にロングツーリングを楽しみたいなら、素直にロードバイクを
購入して、ロングツーリングする事を強くオススメします。

ですが、このページを見ているという事は、あなたも私と一緒で
大好きな「ミニベロ」でロングツーリングに行きたい!と思っていますよね?

ミニベロの走行性能は、ノーマルではかなり低いので、
ミニベロで100キロ以上のロングツーリングに行こうと思うなら、
カスタムをする事を強くオススメします。

といってもカスタムするお金も限られるのが現状ですよね。
なので、費用対効果が高い順にランキング形式にして紹介しています。
一つ一つカスタムしていって、ロングツーリングにも耐える事が
出来るミニベロにしていきましょう。

 

ロングツーリングにおすすめのミニベロカスタムランキング

1位 タイヤ

014-_thumb

最速ランキングでも1位となっているタイヤです。
直接地面と設置している部分なので、どんなカスタムより
も効果が高いです。ロングツーリングはカスタムの恩恵を
最も受けやすいので、ちょっと値は張りますが、ミニベロ最高峰の
タイヤ、シュワルベワンを強くオススメします。
まだ、次に性能が高いパナレーサーと較べても圧倒的な
性能差なので、他のカスタムを犠牲にしてでも入れる価値、
ありますよ。

arrow_orange[1]シュワルベワンについて詳しくはこちら

 

2位 BB(ボトムブラケット)

004-

ノーマルのシマノのBBは非常に防塵・防水性能が高いのですが、
そのかわり、シールの抵抗でBBが重たいです。
なので、シール性能を落としたかわりに回転性能を高めた
外品のBBを使うとギア1~2枚分くらい軽くなります。

特にTOKENの鋼球のBBは値段が安い割に回転が軽いです。
シール性能が低い事は否めませんが、大雨の中繰り返し
走行しない限りは潰れないと思いますよ。

また、安いので万一壊れても買い直し出来るのが魅力です。

arrow_orange[1]TOKENのBBカスタムについて詳しくはこちらへ

 

3位 SPD-SLペダル

278_R

靴に直接つくSPDーSLペダル…。
シマノ105からデュラエースに交換しても僅か数十g差。
しかし、この数十gが大きんです。

ペダルを交換して漕ぎだした瞬間にその軽さを実感する事が
出来ます。特に100キロを超えるロングツーリングなら、ぜひ
変えておきたい部品です。

arrow_orange[1]SPD-SLペダルについて詳しくはこちらへ

 

4位 チェーン

1801

直接駆動する部分のチェーンは走り全体のパフォーマンスが
上がります。安い割に効果は高いのでオススメのチューニングですよ。

arrow_orange[1]チェーン交換について詳しくはこちらへ

 

5位 ハブ

1369

ものすごくお金はかかりますが、ハブのカスタムはロングツーリングでは
劇的に効きます。効果だけでいえば、タイヤの次、ロングツーリングという
事を考えれば、最大の効果が出るといってもいいです。
ですが、非常に手間とお金がかかるのが痛い所…。
ですが、お金に余裕があれば、ぜひしたいカスタムです。

arrow_orange[1]どのハブが一番回転するのか?詳しくはこちらへ

 

6位 チェーンオイル

034-1

意外にもチェーンオイルを良いものに替えるだけで、走行性能は
上がります。比較的お手軽ですし、お金もかからないですよ。
チェーン交換と一緒に行うとさらに効果UPです。

arrow_orange[1]高性能なチェーンオイルについて詳しくはこちらへ

 

7位 ディープリム

007 - コピー

ホイールが重くなってしまうディープリムですが、坂が極端に多くなければ
重さと空気抵抗低減によって、タイヤが慣性でよく転がる様になります。
ですが、坂だとホイールが重たい事がデメリットとなり、
スポークが短くなる事で、衝撃もあまり吸収してくれなくなる為、
諸刃の剣的なカスタムです。

ほとんどストップ&ゴーがないロングツーリングでは、かなり効果ありますよ。
ただ、時速25キロ以上でないと体感出来ないので、ゆっくりツーリング
するなら、不要でしょう。

arrow_orange[1]ディープリムについて詳しくはこちらへ



関連記事

  • BBカスタムはアルテグラが一番の2つの理由|ギア1枚分は軽いです!
  • 2015年8月30日

    このページの先頭へ